Call for papers

IMPORTANT NOTICE

Abstract submission deadline is extended until September 14, 2019.
We invite your active participation. Please see submission guideline here.

Docomomo International invites researchers and practitioners involved in the process of preservation, conservation, renovation or transformation of buildings, sites and neighborhoods of the Modern Movement, to investigate on the theme:Inheritable Resilience: Sharing Values of Global Modernities.

Docomomo International is now accepting abstracts for the 16th International Docomomo Conference that will take place in Ueno Park Area,Tokyo, Japan, September 10th-13th, 2020. Please submit abstracts no later than August 30th, 2019 September 14, 2019. (12 pm GMT), for one of the 12 thematic sessions listed below.

Sessions will consist of four papers, followed by 20 minutes for discussion. Each paper should be in English and take no more than 20 minutes to present. Conference papers will be published in the conference Proceedings.

Session chairs are not allowed to submit abstracts for their own sessions.

Abstract submission guidelines

Once registered, the submission must be done, in English, by filling the following required information:

1. Title (65 characters max) & Abstract (400 words max);
2. Authors information (Name, University/Company/Organization, Country);
3. Biography (200 words max);
4. In the “Topics” section, please select one of the 11 thematic sessions listed in which you wish to present your paper;
5. In the "Additional Info" section, please indicate your phone number and address.

Abstracts should define the subject and summaries the argument to be presented in the proposed paper. The paper’s content should be the product of well-documented original research that is primarily analytical and interpretive rather than descriptive.
Papers may not have been previously published, nor presented in public.
Only one submission per author/co-author will be accepted.
Each speaker is expected to pursue their own institutional or other support to register, and for travel and accommodation.

Schedule

15 March - 14 September 2019 Call for papers
30 October 2019 Call for papers’ notification of acceptance.
30 January 2020 Full paper submission deadline (1st version).
Registration deadline for speakers and session chairs.
10 March 2020 Deadline for session chairs to return papers with comments to the speakers.
15 April 2020 Full paper submission deadline (final version).
Full submission of the key lecture of the session.
6-10 September 2020 Docomomo Student Workshop
10-13 September 2020 16th International Docomomo Conference
14-15 September 2020 Doco Tours

Sessions

1. Space of Sports

The city of Tokyo has already hosted the Olympics Games twice. The first Olympics, planned for 1940, had to be cancelled due to World War II. The 1964 Olympics were held during a period of great economic growth and national enthusiasm, and gave rise to the Yoyogi National Gymnasium by Kenzo Tange. In 2020, entering an era of economic maturity, the 32nd Olympic Games will be launched just before the opening of the 16th International Docomomo Conference.
City and architecture are closely related to sports events, such as the Olympics. They promote the transformation of the city and generate societal changes, relating the values of daily life with economics, consumption and accumulation.
The purpose of this subtheme is to analyse the transformations that such major events and festivals promote in changing cities and society, together with the meaning and means of preserving sports architecture and facilities.

KEYWORDS: 1964 Tokyo Olympics, Yoyogi National Gymnasium, 2020 Tokyo Olympics, Olympics, Big events and festivals, Mass consumption, Entertainment, Sports, World Cup, MoMo Sports facilities, …

2. Urban Landscape

The city could be considered the main protagonist of the Modern Movement. The rapid urbanization prompted by industrialization caused many problems, such as the deterioration of sanitary conditions, overpopulation, and shortages of housing and infrastructure. Hence, many architects saw urban planning as a way to explore the ideals of the modern city, sometimes using megastructures, and conducted ambitious practices on both undeveloped sites and existing urban places. To reveal and analyse these practices, it is important to understand the foundations of modern urban planning.
Meanwhile, modern architecture is currently facing difficulties in cities due to speculative urban developments. “Ueno Culture Zone”, where the 16th International Docomomo Conference will be held, has faced challenges of this kind. In order to discuss how to inherit the modern urban landscape, it is important to share practices for the conservation and renovation of modern architecture in the context of an urban setting.
What can we learn from the modern city? How can we develop the MoMo for the city of tomorrow? Can contemporary concepts such the “Smart City” be solutions for current environmental challenges? This session expects papers proposing solutions for the planning of our future cityscape, while preserving the legacy of the MoMo.

KEYWORDS: Landscape, Urbanization, Infrastructure, Megastructures, City, Urban Planning, Industrial complexes, Systems, Smart City, Multi-purpose, Geography, Vegetation, Future Cityscape, Tokyo, Ueno Culture Zone,…

3. Modern Housing

After assimilating the civilized values of 19th century western culture and the living environment, mass housing was invented in the 20th century. This housing typology is a core idea of the Modern Movement. The relationship between private and public spaces is an essential condition for the development of family and community values. Mass housing became a tool of ideological and political agendas after World War II. The analysis of dwelling conditions implies an understanding of the occupation of space: related spaces, uses, and functions. Addressing the act of living as the main fact of culture, we can find that mass housing reflected an era and a doctrine of mass production.
From World War I to the present day, housing has been a central programme to the Modern Movement worldwide. Increasingly, we have been facing critical issues concerning the demolition and deterioration of such housing, since Docomomo activities commenced in the 1990s.
This session is expected to prompt discussions covering the whole range of the history of mass housing in the Modern Movement up to the resilient inheritance of modern housing, considering its production, demolition or conversion, in an era of depopulation.

KEYWORDS: Housing, Mass housing, Tower housing, Population explosion, Depopulation, Density, Empty housing, Conversion, Conservation, Reuse, Lifestyle, Family, Share-house, Modern family, Community, Housing stock, Social capital, …

4.Technological/Material Legacies

As is well-known, Philip Johnson and Henry-Russell Hitchcock named the exhibition held at the Museum of Modern Art, New York, in 1932, the "International Style". They thought that the creation of a universal style in architecture without regional differences was possible, using concrete, iron, steel and glass, because industrial technology and products were bringing a new style.
Now we know that modern technology and materials do not necessarily promote a common language. Even with similar materials and technologies, there are many variants in their use, according to region, era, culture and environment, as well as constraints such as those arising from seismic retrofits, the impact of legislation, energy considerations, or local techniques. In other words, one could say that the single and global modern architecture envisaged by Hitchcock and others, actually turned out to be a collection of several different ways of designing and constructing. In the future, as the requirements of maintaining modern architecture increase, it will become more important to share wisdom about local materials and technologies, in various regions of the world.
Based on this recognition, we are looking for papers on technology and materials to enable the inheritance of modern architecture to be passed on to the future, and give us insights on the debate between universality and diversity.

KEYWORDS: Technology, Materials, Restoration and Rehabilitation Techniques, Construction Details, Seismic Retrofit, Legislation Impact, Energy Condition, Insulation, Concrete, Iron, Steel, Glass, Elevator, Air Conditioner, Neutralization, Curtain Wall, Local Material...

5. Regional Timber Structures

Timber structures/construction with wood or bamboo was historically a conventional locally-based method within the realm of traditional culture. However, some early modern architecture was built using timber structures. In the 20th century, it progressed to become a contemporary technology by the application of computational analysis, production engineering, and new contemporary methods. It has evolved from a conventional local material and building culture into a universal technology, that can be compared and evaluated through the application of modern technologies.
Focusing on the relationship of modern technology and specific places, we can see how innovative technology was introduced, learned, modified, established and finally applied in the design of “regional” modern buildings, townscapes, and industry. These processes could reveal fresh possibilities for architectural regionalism, and open mutually-beneficial communication between different locations.
Thus, discussion on timber structures should be suggestive of common local issues concerning the Modern Movement. Papers with a wide and ambitious range of perspectives are welcome.

KEYWORDS: Wood, Bamboo, Conventional Method/New Method, Traditional Culture, Seismic Reinforcement, Fire Resistive, Forest Resources, Greenhouse Gas, Psychological Effect, High Technology for Timber Structure, Propagation and Transportation…

6. Pedagogies of Docomomo

Created in 1988, Docomomo International is now a global organization with more than 70 active chapters around the globe and a 30-year history. The coming conference aims to raise its activity to a new level. With this in mind, we are going to look back over the 30-years of docomomo’s international practice and its achievements through its global network, with the goal of overcoming the current borders between education, theory and doctrine.
The vision, activity and spirit of Docomomo must be shared not only with professionals, but also with the broader public, from senior citizens to children, through education and enlightenment. The expertise of professionals may not be enough to effectively record and preserve architecture. How can Docomomo, urgently and persuasively, carry its message beyond the Western world? Is its effectiveness related to geography? What tools are needed for more effective education and training?

KEYWORDS: Education, Training, Doctrine, Enlightenment, Vision, Activity, Information, Record, Preservation, Network, Children, Citizen Participation...

7. Documentation and Dissemination

Modern architecture can be experienced not only at first hand, but also virtually, through the media and mass communication: publishing, internet, newspapers, magazines, television, etc. Through them, we can “visit” any building regardless of its location. Photography and video have become partners of architecture. Attempts to formulate modern architecture and spread its theory have been propagated by various forms of media, aiming to expand its values in modern society.
Some architects only presented their visionary architecture as drawings on paper. We could not understand the work of Le Corbusier without publications about his work, his vision and his books. The process of popularizing modern architecture is critical to re-evaluating its significance and how it is understood, especially from the standpoint of the average viewer. Moreover, we acknowledge that the media have evolved between the 20th and 21st centuries. Architecture, that was initially recorded and represented in literature and cinema, is now on digital platforms and virtual systems.
This session will focus on the diverse forms of documenting the characteristics of the Modern Movement. The intention is to explore and debate the development of recording and dissemination technologies, from those first used by architects to promote the ideals of the Modern Movement, to those of the present day. Finally, we will learn how today’s media can benefit architecture and society.

KEYWORDS: Documentation, Media, Books, Magazine, Photography, Drawing, Paper, Popularization, Video, Digital, Online, Virtual, Document, Measurement, Literature, Cinema, Promotion, Record, Representation…

8. Global / Local Modernitites

A general conceptual structure, such as “Asian Modernism” can be posited. Modernization often worked with globalization, but the way the Modern Movement was appropriated, differed according to region. Modern architecture was mainly established in Europe and the United States, but became widespread throughout the world through a process of modernization, which advocated the rationality and universality of an impending modern society. On the other hand, on the arrival of Modernism, the specific traditions and cultures of non-Western countries often tried to integrate mutually different architectural values.
Even today, after globalization, many regions are still trying to find their unique style for the sake of their identity, nation-state ideals, or their environment.
This session will deal with the processes of correlation, appropriation, relationship and synthesis between modern architecture and local cultures and traditions.

KEYWORDS: Modernization, Globalization, Appropriation of Modern Movement, Process, Rationality, Universality, Local Modernism, Global, Regionalism, Identity, Nation State, Environment, Original, Community, Religion, Traffic, Trade, Tradition…

9. Metabolism Reconsidered

Life forms and living systems have inspired many architects who looked at cities and architecture as a type of organism. Kenzo Tange’s proposal for “Tokyo 1960” is an example of this, in which an urban community generated a tree-like system. The Metabolists, who emerged in 1959, attempted to express architecture inspired by living organisms. Kisho Kurokawa, for example, one of the group’s member, designed his architecture consisting of two parts; a permanent infrastructure and interchangeable cells. The Metabolists believed that a living organism could be a model for a growing city.
Organisms still inspire architects today, even though the notion of “growth” has become outmoded. Instead of growth, concepts with the prefix “re-“, such as regeneration, rebirth, recycle, or reuse, have become the reference for the architects in the 21st century.
Are the “re-“ movements of the contemporary world making us re-read Modernism and Metabolism? How have cities been transformed by modern architects inspired by the Metabolists? When it comes to designing sustainable cities, what did architects and planners inherit from them? Can architectural and urban systems be adapted from natural systems?

KEYWORDS: Metabolism, Organism, Living System, Restoration, Rebirth, Recycle, Reuse, Regeneration, Renovation, Re-program, Evolution, Infrastructure, Cell, Vein, Circulation, Gene, Illness, Cure, Occupation, Architectural System, Natural System, Functionalism, City Bionomics

10. Designing Daily Life

Architecture is not the only expression of the Modern Movement. Design includes architecture, furniture, products, and everything related to our life. Modern furniture showed us a new relationship between the human body, function and industrial production. The notion of “modern” has permeated people's lives and completely transformed their lifestyles.
The global distribution of modern objects has promoted these transformations. The “Walkman”, distributed by Sony in the 1980s, was exported worldwide. Everyone on every street around the world listened to music through this amazing machine. Not only was the product designed, but the lifestyle around the machine was designed too. It meant that the modern design of the object also became a characteristic of the medium.
This theme aims to promote debate on how the proliferation of modern designed objects took place, and how they have permeated all parts of life, transforming local customs into cosmopolitan lifestyles. To design a house means to design how one eats, watches television and goes to bed. So, let us discuss what the Modern Movement designed. Any perspectives on the issue, regarding ideology, industry, market, life culture or lifestyle, are welcome.

KEYWORDS: Design, Furniture, Life, Lifestyle, Human’s Body, Function, Industrial Product, Natural Design, Media, Cosmopolitan, Fabric, Cutlery, Wall Painting, Graphic Design, Isotype, Diagram, Pictogram, Life Culture, Market, Tokyo Design 2020…

11. Le Corbusier and the Question of Cultural Heritage

The sites of the architectural works of Le Corbusier, registered as a Serial World Heritage for the first time in the history of modern architecture, were completed a half-century ago, and attest to the proper internationalization of architectural practice around the globe.
It is important to consider the issues raised by the serial works of master architects of the 20th century, in relation to works nominated as Word Heritage. What kind of cultural transformations were presented by Le Corbusier's works? What was the essence of Le Corbusier's architectural culture and how has it spread throughout the world?
We need to keep asking these questions for the future of Le Corbusier's work as cultural heritage. Therefore, papers for this session are expected to discuss both the physical and theoretical sides, and/or how the communities living around the architecture of Le Corbusier have accepted and inherited his works and theory. Discussions on mechanisms for the international development of the Modern Movement will be held, based on the papers selected.

KEYWORDS: Le Corbusier, Chandigarh, Capital and the Region, India, Tokyo, Europe and Asia, America, World Heritage, Attest, Internationalization, Master Architects, Cultural Transformation, Theory of Architecture, Cultural Heritage, Community, Accept and Inherit

12. Others
Issues concerning modern movement other than topics of session 1-11

Call for papers

重要なお知らせ

論文の提出期限が2019年9月14日まで延長されます。
皆様の積極的なご参加をお待ちしております。論文提出の詳細についてはこちらをご覧ください。

論文募集

ドコモモ・インターナショナルでは、“みんなのMoMo 近現代建築の魅力をわかちあおう”というテーマについて議論を深めるため、MoMo(モダン・ムーブメント)にかかわる建物とその周辺環境の保全、保存、修復または増改築に携わる研究者や専門家の参加者を募っています。
現在、東京・上野公園エリア内で開催される第16回ドコモモ国際会議 (2020年9 月10日 ~ 13 日) で発表される論文を選定するため、アブストラクト(論文)を受け付けています。
以下の12のテーマ別セッションの中から1つを選び、2019年8月30日 9月14日(締切延長)21時 までにアブストラクトを提出してください。
それぞれのセッションでは4つの論文を取り上げる予定です。論文は英語で執筆されたものとし、各発表者は20分以内でプレゼンし、その後20分間の討論が行われます。
発表された論文は、ドコモモ国際会議の論文集に掲載されます。

※なお、セッションの議長は、自分のセッションにアブストラクトを提出することはできません。

Abstract submission guidelines

募集要項

アブストラクトともに以下の必須情報を英語と日本語で入力すると、提出が完了します。

1.11のテーマ別セッションの中から、論文を発表したいテーマを1つ選択してください。
2.タイトル (英語・最大65文字) & Abstract (英語・最大400 ワード)
3.著者情報 (氏名、大学名・所属機関、国)
4.住所
5.電話番号
6.メールアドレス
7.略歴 (英語・最大200ワード)

※注意事項
・アブストラクトでは、論文の主題を明示するとともに、論文の内容を簡潔に要約してください。
・論文の内容は十分に立証されたオリジナルな研究に基づくものであり、説明的な記述ではなく、主として分析や解釈を記してください。
・論文はこれまでに出版されていないもの、もしくは公に発表していないものに限ります。
・論文の提出は、著者・共著者1名につき1本までとします。
・参加費や旅費に関しては、各発表者の所属機関等のサポートを利用することを推奨します。

Schedule

2019年3月15日 - 9月14日 論文募集
2019年10月30日 論文受理通知。
2020年1月30日 論文(フルペーパー)初稿提出締切。スピーカーと各セッションの司会者の登録締切。
2020年3月10日 各セッションの議長から発表者へコメント付きの書類の返却期日。
2020年4月15日 論文(フルペーパー)最終稿提出締切。
各セッションの主要なレクチャーのフルペーパーの提出。
2020年9月6日 - 10日 ドコモモ学生ワークショップ
2020年9月10日 - 13日 第16回ドコモモ国際会議
2020年9月14日 - 15日 エクスカーション

Sessions

1. スポーツの空間

東京では、これまで2度のオリンピックが計画されている。1回目のオリンピックは1940年に企画されたが、第二次世界大戦の余波で中止となった。つづく2回目の1964年の東京オリンピックは、高度経済成長期に国民的熱狂のなかで実施され、丹下健三の「代々木国立競技場」を生み出した。そして、成熟期に入った2020年、第16回ドコモモ国際会議の直前に、第32回東京オリンピックが開催される。
都市と建築は、オリンピックをはじめとするスポーツイベントと強い絆で結ばれている。そうしたスポーツイベントは、都市を変身させ、社会的な変化を生み出す。そして、日常生活における経済的な価値観を変え、消費(日本語原文:蕩尽)と蓄積をもたらす。
このサブ・テーマでは、こうした巨大なイベントやフェスティバルが都市と社会にもたらした変化について、スポーツ建築・施設の保全の意義と方法とともに考えたい。

キーワード;東京オリンピック1964、代々木国立競技場、東京オリンピック2020、巨大イベント・フェスティバル、大量消費、エンターテイメント、スポーツ、ワールドカップ、MoMoのスポーツ施設

2. アーバン・ランドスケープ(都市景観)

都市はモダン・ムーブメントの中心地である。工業化によってもたらされた急速な都市化は、衛生環境の悪化や人口の過密化、住宅・インフラ不足など、さまざまな問題を引き起こした。そのため、多くの建築家は、近代都市の理想像を探求するための手法として都市計画を捉え、ときにメガストラクチャーを用いて、未開の地や既存の都市において野心的な取り組みを実践してきた。これらの作品を解き明かし、分析することは、現代の都市計画における基礎を理解するうえで重要である。
一方で、現在、投機的な開発によって都市の近代建築は困難に直面している。それは、第16回ドコモモ国際会議の会場となる「上野の山文化ゾーン」にもあてはまる。現代の都市のランドスケープをいかに継承するかを議論するためには、都市環境という観点から、保存やリノベーションの経験を皆で共有することが重要である。
我々は、現代の都市から何を学ぶことができるか。明日の都市のために、いかにMoMoを継承し、発展させることができるだろうか。「スマート・シティ」といった現代的な思想が、今日の環境問題に対する解決策となり得るだろうか。本セッションでは、MoMoのレガシーを守りながら、我々の未来の都市景観をつくりだす手法の提案を期待する。

キーワード;ランドスケープ、アーバニズム、インフラ、メガストラクチャー、都市、都市計画、システム、スマート・シティ、多目的、地形、植生、未来の都市景観、東京、上野の山文化ゾーン

3. 近代の集合住宅(ハウジング)

19世紀の西洋文化における文明的な価値観と生活環境を取り込んだ後、20世紀におけるマスハウジング(集合住宅の大規模供給)が生み出された。この集合住宅のタイポロジーは、モダン・ムーブメントの核となる概念であった。個人の空間と公共空間との関係性は、家族とコミュニティの価値観を養っていくうえで重要である。マスハウジングは、第二次世界大戦後の思想的・政治的な課題を解決するためのツールとなった。居住環境の分析には、空間の関係性や使い方、機能といった、空間の占有に対する理解が含まれている。生活行動を文化的事象とみなすならば、マスハウジングには、大量生産の時代とその理論が反映されていると言える。
ハウジングは、第一次世界大戦から今日にいたるまで、世界中に広まったモダン・ムーブメントの中心的な課題であった。1990年代にドコモモの活動が開始されて以降、我々はこれらのハウジングの解体や劣化など、危機的な問題に直面する機会が増えている。
このセッションでは、人口減少の時代において、生産方法や破壊、もしくはコンバージョンといった点を考慮したうえで、モダン・ムーブメントにおけるマスハウジングの歴史から、それらの柔軟な継承にいたるまでの範囲を網羅する活発な議論を期待する。

キーワード;ハウジング、マスハウジング、高層住宅、人口増加、人口減少、人口密度、空き家、コンバージョン、保存、再生、リフォーム、ライフスタイル、家族、シェアハウス、現代家族、コミュニティ、住宅ストック、ソーシャル・キャピタル(社会関係資本)

4.技術と材料

よく知られているように、フィリップ・ジョンソンとヘンリー・ラッセル・ヒッチコックは、1932年にニューヨーク近代美術館で催された展覧会を「インターナショナル・スタイル」と名付けた。彼らは、産業技術とその製品が新しい様式をもたらすことから、コンクリートと鉄鋼、ガラスによって、地域差のない普遍的な建築様式を創造することは可能だと考えた。
今日、我々は近代の技術と材料とが、必ずしも建築の共通言語化を促すものではないことを知っている。似たように思える材料や技術を用いても、それらの使われ方は、地域や時代、文化、環境、さらには耐震補強や法律の影響、エネルギー的考察、もしくは地域的な技術によって生じる制約などによって異なる。すなわち、ヒッチコックらが想定した唯一の世界共通の近代建築とは、実際には様々な設計・建設方法の集合体であったと言えるだろう。これから先、近代建築のメンテナンスの必要性が高まるにつれ、世界中の様々な地域の材料や技術に関する知見を皆で共有することが、より一層重要となっていくだろう。
こうした認識に基づいて、このセッションでは技術と材料をテーマとし、近代建築を未来へと継承することを可能にするとともに、普遍性と多様性に関する議論に対して深い示唆を与える論文を期待する。

キーワード;技術、材料、保存・再建技術、構造詳細、耐震補強、法律の影響、エネルギー条件、断熱、コンクリート、鉄鋼、ガラス、空調、自然化、カーテンウォール、地方の材料

5. 各地域の木構造

木や竹による木構造は、伝統文化の領域において、歴史的に地域に根ざした慣習的な工法であった。しかしながら、近代建築でも木構造を用いたものも存在する。20世紀において、木構造はコンピューター解析や生産工学、そして新しい現代的な手法を応用することによって、現代的な技術へと発展した。それは、各地域における慣習的な材料と建設文化から、近代技術の応用によって相互に比較し、評価し得る普遍的な技術へと進化したのである。
近代的な技術と個々の場所との関係性に注目すると、いかにして革新的な技術が導入され、習得され、変化させられ、確立されたうえで、最終的に「地域的な」近代建築や都市風景、産業へと適用されていったかが見えてくる。このようなプロセスは、建築における地方主義の新たな可能性を提示し、地域間の互恵的なコミュニケーションを切り開くであろう。
木構造に関する議論は、異なる地域間でも共通するモダン・ムーブメントをめぐる問題に対して示唆を与えるに違いない。幅広く、意欲的な観点からの論文を期待する。

キーワード;木、竹、慣習的な方法・新しい方法、伝統文化、耐震補強、耐火性、森林資源、温室効果ガス、心理効果、木構造のための高度な技術、伝搬と輸送(Propagation and Transportation)

6. ドコモモの教育学

1988年に創設されたドコモモ・インターナショナルは、いまや30年の歴史を持つ世界的な組織であり、世界中に70以上もの支部が存在する。今回の国際会議は、ドコモモの活動を新しいレベルへと引き上げることを目標としている。それに留意したうえで、このセッションでは、今日の教育と理論、教義の境界を超えるべく、世界中のネットワークを通して、ドコモモ・インターナショナルのこれまでの実践と成果を振り返る。
ドコモモのヴィジョンや活動、その精神は、教育啓蒙活動を通して、専門家だけでなく、大人から子供まで多くの一般市民にも共有されるべきものである。専門家の知識だけでは、建築の記録も保存も充分には達成できない。ドコモモは、いかにして迅速に、説得力を持って、自らのメッセージを西洋の枠を超えて伝えていけるであろうか。それは、地勢とも関係するであろうか。より効果的な教育と訓練には、どのようなツールが必要とされているのであろうか。

キーワード;教育、訓練、教義、啓蒙、ヴィジョン、活動、情報、記録、保存、ネットワーク、子供、市民参加

7. 記録とその普及

近代建築は実際に体験するだけでなく、出版物やインターネット、新聞、雑誌、テレビ等のメディアやマスコミなどによって、視覚的に体験することも可能である。そういったものを通じて、私たちは実際に建っている場所に関係なく、どの建築にも「訪れる」ことができる。写真とビデオは、建築のパートナーとなった。近代建築を公式化し、その理論を普及されるという試みは、その価値観を現代社会に浸透させるべく、様々なメディアを通じて宣伝されてきた。
実現不可能な建築を、ドローイングとして紙の上でのみ表現する建築家もいる。我々は、ル・コルビュジエの作品やヴィジョンに関する出版物や彼の著作なくして、彼の建築を理解することはできない。近代建築を大衆化していくプロセスは、近代建築の重要性と、それがとくに一般人によってどのように理解されたのかを再評価するうえで重要である。そして、私たちは、メディアが20世紀から21世紀にかけて進化してきたことを知っている。当初は文学や映画によって記録、表現されていた建築は、いまやデジタル・プラットフォームやバーチャル・システムの中に存在する。
このセッションでは、モダン・ムーブメントの特質を記録するための多様な形式に焦点をあてる。最初期に建築家がモダン・ムーブメントの理想を広めるために用いたものから、今日のものまで、近代建築を記録し、それを普及させるための技術の発展について探求し、議論を深めることを目的とする。そうした議論から、今日のメディアが私たちの建築と社会にどう役立つかを学びたい。

キーワード;記録、メディア、本、雑誌、写真、ドローイング、紙、大衆化、ビデオ、デジタル、オンライン、文書、実測、文学、映画、プロモーション、レコード、表現

8. グローバル/ローカルな近代性

私たちは例えば、「アジアのモダニズム」という一般的な概念構造を設けることができる。近代化は往々にしてグローバリゼーションとともに進行したが、モダン・ムーブメントの受容のされ方は、地域ごとに異なるものであった。主として欧米圏で確立されていった近代建築は、近代化の進展とともに全世界に普及し、来るべき未来の現代社会における民族主義と普遍性を提唱した。一方、モダニズムが流入した非西洋圏の国々では、独自の伝統と文化に、相異なる建築的な価値観を取り入れようとする試みがしばしば見られた。
グローバリゼーションが進んだ今日でさえ、アイデンティティーや国民国家の理想像、もしくは環境といった点を考慮し、その地域特有のスタイルを見つけ出そうとする地域は多くある。
このセッションでは、近代建築と地域固有の伝統・文化について、それらの相互関係や受容、関係性、そして統合のプロセスに焦点をあてる。

キーワード;近代化、グローバリゼーション、モダン・ムーブメントの受容、プロセス、民族主義、普遍性、地域的なモダニズム、グローバル、地域主義、アイデンティティー、国民国家、環境、オリジナル、宗教、交通、商売、伝統

9. メタボリズム再考

生命体や生態系は、都市や建築を有機体として捉えた多くの建築家に影響を与えた。その代表作である丹下健三による「東京計画1960」では、都市のコミュニティーが樹木のようなシステムを作り出した。1959年に運動を開始したメタボリストらは、有機体に触発された建築を表現しようと試みた。例えば、グループの一員であった黒川紀章は、恒久的なインフラ部分と取り替え可能な細胞部分という2つの要素から構成される建築を設計した。彼らは、有機体こそが成長する都市のモデルになると信じていた。
国が「成長」する時代ではなくなった今日においても、有機体は建築家に影響を与え続けている。「成長」という語に代わって、regeneration(再建)、rebirth(再生)、recycle(再利用)といったように、「re(再)」という接頭辞を用いたコンセプトが21世紀の建築家らによって参照されるようになってきている。
この現代社会における「re(再)」の流行は、モダニズムとメタボリズムの再読につながるだろうか。メタボリストに影響を受けた現代の建築家によって、都市はどのように変化してきたのであろうか。持続可能な都市を設計するに際し、建築家と都市計画家は、彼らから何を学んだのだろうか。建築と都市のシステムに、自然のシステムを適応することは可能なのであろうか。

キーワード;メトボリズム、有機体、生態系、修復、再生、再利用、再建、リノベーション、再プログラム、進化、インフラ、細胞、結果、循環、遺伝子、病気、治療、占有(occupation)、建築システム、自然システム、機能主義、都市生態学

10. 日常生活のデザイン

モダン・ムーブメントは、単に建築に現れただけではない。デザインには、建築や家具、プロダクトをはじめとする我々の生活に関わる全てのものが含まれる。近代家具は、人体と機能、そして工業製品との間の新しい関係を提示した。「近代」(modern)という概念は、人々の生活に浸透し、そのライフスタイルを根本的に変化させた。
近代的な「物」が全世界に普及することによって、こうした変化が促された。1980年代にソニーが販売した「ウォークマン」は、世界中に輸出された。世界中の全ての路上で、だれもがこの驚くべき機会で音楽を聴いた。こうした製品だけでなく、それを取り巻くライフスタイルそのものがデザインされたのである。モダンデザインの「物」は、メディアという本質を持っている。
このテーマの目的は、各地方の慣習をコスモポリタン的なライフスタイルへと変化させながら、モダン・デザインがどのように普及し、生活のあらゆる部分へと浸透していったのかを議論することである。住宅を設計するということは、人がどのように食事をし、テレビを見て、寝るのかをデザインすることである。したがって、モダン・ムーブメントが何をデザインしたのかを議論したい。この問題について、イデオロギーや産業、市場、生活文化など、あらゆる観点からの論文に期待したい。

キーワード;デザイン、家具、生活、ライフスタイル、人体、機能、工業製品、ナチュラル・デザイン、メディア、コスモポリタン、ファブリック、カトラリー、壁画、グラフィック・デザイン、アイソタイプ、ダイアグラム、ピクトグラム、生活文化、市場、東京デザイン2020

11. ル・コルビュジエと文化遺産をめぐる課題

近代建築史上、初めてシリアル・ノミネーションとして世界遺産に登録されたル・コルビュジエの建築区域は、半世紀前に完成したものであるが、インターナショナリゼーションの建築的実践が世界規模で確かに行われたことを証明した。
世界遺産登録をめぐり、20世紀の巨匠建築家に作品群によって提示された問題を考えることは重要である。ル・コルビュジエの作品によって、どのような文化的変容がもたらされたのか。ル・コルビュジエの建築文化の本質とは何か。そして、それはいかにして世界中に広まったのか。
我々はこうした問いを、文化遺産としてのル・コルビュジエ作品の未来のために、問い続けなければならない。したがって、このセッションの論文には、その作品と理論の両側面からの議論と、ル・コルビュジエ作品の周辺のコミュニティがその作品と理論とをいかに受容し、受け継いできたかに関する議論を期待する。私たちは、選定された論文に基づき、モダン・ムーブメントの国際的発展のメカニズムについて議論することになるだろう。

キーワード;ル・コルビュジエ、チャンディガール、首都と地方、インド、東京、ヨーロッパとアジア、アメリカ、世界遺産、証明、インターナショナリゼーション、巨匠建築家、文化的変容、建築理論、文化遺産、コミュニティ、受容と継承

12.その他
1ー11以外でmodern movementに関するテーマ

About

Every two years docomomo (the international committee for documentation and conservation of buildings, sites and neighborhoods of the Modern Movement) organizes an international conference, bringing together docomomo members and friends from its 73 National Working Parties, as an opportunity for in-depth exploration of an important theme or aspect of the Modern Movement.

The forthcoming conference is being hosted by docomomo Japan and will take place at Ueno Park area, in Tokyo, Japan, from 6th to the 15th September 2020, under the theme "Inheritable Resilience: Sharing Values of Global Modernities".

International Docomomo Conferences combine paper sessions, round-tables, workshops and tours focused on the Modern Movement legacy. In order to foster transnational and interdisciplinary approaches to the study of the Modern Movement, the 2020 edition of the international Docomomo Conference will incorporate for the first time a preliminary call for sessions.

Theme

Inheritable Resilience: Sharing Values of Global Modernities

Today, not only in Europe, but in Japan, South America, Africa and throughout the world, the architectural cultural heritage that we call the “Modern Movement” (MoMo) has been exposed to the major force of conscious/unconscious destructions.
We can trace the causes to three reasons:
1: Popular ignorance regarding the MoMo
2: Self-vulnerability of MoMo
3: Skepticism towards MoMo ideology

Hence why , we are embarking on a mission to mitigate these three elements of threat which are endangering the MoMo.
We are calling for, not only, those experts who are directly and indirectly connected to the movement, but all the people interested in the protection of the MoMo in a renewed future, to come together to offer knowledge and experience.
There are also three types of knowledge that we must collect from the global community.
From the experts:
1. Knowledge of relativization and reinterpretation;
2. Technology, methodology and policy to revitalize the value and the vitality of the MoMo.
And, from the adults gathered around the experts and the children who will carry our world towards the future:
3. Knowledge of education and enlightenment.

Conference Registration

Early Registration

(1st September 2019 - 28th February 2020)

Docomomo members atendees:400€
Non-members attendees: 500€
Authors: 300€
Students attendees: 150€

Late Registration

(1st March 2020 - 15th July 2020)

Docomomo members attendees: 500€
Non-members€attendees: 600€
Authors: 400€
Students attendees: 250€

Conference attendee registration fee includes:

  • Conference Information/Documentation
  • Attendance to all conference sessions
  • Attendance to keynote sessions
  • Morning and afternoon coffee breaks
  • Lunch
  • Opening and closing event
  • Proceedings of the conference(USB flash drive)
  • Certificate of attendance

After 15th July 2020, no more registrations will be allowed.

CONTACTS

Scientific information

info@Docomomo2020.com

2019.08.21
IMPORTANT NOTICE

Abstract submission deadline is extended until September 14, 2019.
We invite your active participation.
Please see submission guideline here.

2019.06.21
General Description: DOCOMOMO International Students WS 2020 Tokyo

Date: September 6th-10th (5days)

20 September 2019: Announcement of General Description, Program, Site Information, Goal
15 November 2019to 15 April 2019: Call for student participants
15 May 2020: Notification of Acceptance Announcement of Workshop Tutors
15 November 2019to August 2020: Contents01 Existing Site Condition, Background
Contents02 Related Documentation

(Chronological Announcement)

2019.06.20
DOCOMOMO2020 Tokyo excursion program

2019.06.15
DOCOMOMO 2020 Scholarship

DOCOMOMO JAPAN is setting up scholarship program for participants of the 16th International DOCOMOMO Conference Tokyo Japan 2020.
We will announce the application guidelines in September 2019.

Primary Recruitment
February 2020:Call for Application /
March 2020:Application deadline /
April 2020:Announcement of Scholarship Recipient(s)

Second Recruitment
April 2020:Application announcement /
May 2020:Application deadline /
June 2020:Result announcement

Scholarship Amount
A ¥100,000
B ¥50,000
*Japanese participants are also eligible to apply for scholarship.
*There is no age limit for applying.

2019.06.15
DOCOMOMO Mini Event

2019.08.21
重要なお知らせ

論文の提出期限が2019年9月14日まで延長されます。
皆様の積極的なご参加をお待ちしております。論文提出の詳細についてはこちらをご覧ください。

2019.06.21
ドコモモ国際会議 2020 国際学⽣ WS 2020 東京 概要

期 間:2020年9月6日〜9月10 日

2019年 9月20日: テーマ・敷地に関する基礎資料・公募要項の発表
2019年11月15日~2020年4月15日: 参加学生公募
2020年5月15日: 参加学生発表/チューター発表
ワークショップ関連資料等を随時公開
2019年11月〜2020年8月: ・01 敷地の現状・背景
・02 関連資料

(随時公開)

2019.06.15
ドコモモ国際会議 2020 奨学金制度

DOCOMOMO Japanでは、第16回Docomomo国際会議2020東京の発表者・参加者のための奨学金制度を設けます。
2019年9月募集要項を発表いたします。

第1次募集 2020年 2月末公示 / 3月締切 / 4月発表
第2次募集 2020年 4月末公示 / 5月締切 / 6月発表

奨学金
A 10万円
B 5万円
・日本人も応募可能
・年齢制限なし

The 16th International Docomomo Conference Tokyo Japan 2020
Inheritable Resilience: Sharing Values of Global Modernities

IMPORTANT NOTICE : Abstract submission deadline is extended until September 14, 2019.
We invite your active participation.Please see submission guideline here.

Introduction

Docomomo Japan, hereby, is holding the 16th International Docomomo Conference in Tokyo, Japan.
Between July and September 2020, Tokyo will host the 32nd Olympic and Paralympic Games with the theme "Connecting to Tomorrow".
In 1964, the Olympic Games, held in Tokyo, transformed urban spaces of the city, the lifestyle and the mindset of the citizens around the country. Today, we must gather to evaluate this legacy and propose a methodology to critically pass-on “Resilient Inheritable Wisdom”.
Based on this spirit and its ideas, we hereby propose “Inheritable Resilience: Sharing Values of Global Modernities” as the main theme of the 16th International Docomomo Conference.

More Information

Dates to Remember

15 March - 14 September 2019 Call for papers
30 October 2019 Call for papers’ notification of acceptance.
30 January 2020 Full paper submission deadline (1st version).
Registration deadline for speakers and session chairs.
10 March 2020 Deadline for session chairs to return papers with comments to the speakers.
15 April 2020 Full paper submission deadline (final version).
Full submission of the key lecture of the session.
6-10 September 2020 Docomomo Student Workshop
10-13 September 2020 16th International Docomomo Conference
14-15 September 2020 Doco Tours

Schedule

Workshop for Students
6th-10th September 2020

International Conference

10th Opening / Evening Lecture / Welcome Party
11th Academic Presentation / Evening Lecture / Conference
12th Academic Presentation / Night Tour
13th Academic Presentation / Evening Lecture / Round Table
14th Excursion / Symposium / Closing / Farewell Party
15th Excursion

Conference Venue

Ueno Park Area, TOKYO

Conference Organization

Executive Committee

Ana Tostoes (Docomomo International)
Louise Noelle (ISCs Representative)
Yoshiyuki Yamana (Docomomo Japan)
Zara Ferreira (Former Secretary-General of Docomomo International)

Scientific Committee

  • Ana Tostoes (Docomomo International)
  • Changmo Ahn (South Korea)
  • France Vanlaethen (Canada)
  • Franz Graf (Switzerland)
  • George Kunihiro (Japan)
  • Johannes Widodo (Macau)
  • Jose Manuel Pozo (Iberia)
  • Kenji Watanabe (Japan)
  • Ken Tadashi Oshima (US)
  • Louise Noelle (Mexico)
  • Miles Glendinning (Scotland)
  • Ola Uduku (Ghana)
  • Richard Klein (France)
  • Ruth Verde Zein (Brazil)
  • Sangeeta Bagga (India)
  • Scott Robertson (Australia)
  • Shin Muramatsu (Japan)
  • Uta Pottgiesser (Germany)
  • Wessel de Jong (Netherlands)
  • Yoshiyuki Yamana (Japan)

cTakeshi Kirihara